トップページ > 工具選びのAtoZ > 壊して覚えよう

壊して覚えよう

メンテナンスや工具が苦手な人の中には「よくわからないから」「壊しそうだから」「壊したら大変だから」と、自分の作業でバイクを壊すことに対して恐れを抱いている人が多い。
しかし、誰でも初めは皆そう思いながら、壊したり、失敗しながら覚えてきたのである。
プロでもたまには失敗するんですから、素人のサンデーメカニックが失敗しても当然です。
故意にボルトをねじ切って、その感覚を体験することもいいでしょう。
バイスに5ミリ程度のボルトをくわえて、めいっぱい締め付けると「グニャッ!」と滑るような感覚とともにボルトの頭が「ポロッ」ってねじ切れて取れちゃいます。
ここが破断点なんです。
ボルトはねじ切れる直前がいちばんよく締まっている状態なんです。
ボルトとナットはお互いの山と谷がくさび効果で引き合って摩擦力を発生し、それで締めたボルトは緩まないのです。ボルトは締まった状態では微妙に伸びているんですね。
故意にボルトをねじ切るだけで、いい勉強になると思います。

クラブケイバ




ヘルメット・ウェアー・マフラー・キャブ・タイヤ・・・

バイクブロス

サイト内検索

カテゴリー

 

Copyright © 2006 ヤマハ・バイク関連リンク集. All rights reserved

リンク